自作のショートショート小説やライトノベルを載せていきます。
2017年06月28日 (水) | 編集 |
c004
 写真は記事とは関係のない、ウチのシマポンママです。(^^;)

今回は以前、後半だけをUPしました「生き神(イキガミ)」の前半部分もくっつけた完全版。
前・後半合わせてお読みいただければ幸いです。(所要時間は約4分です)


   【 生き神(完全版) 】
 
       ( パート1、 永瀬響子 編 )

「永瀬、いつまでかかっているんだ? コピー一つでそんなに時間がかかるのか!」
 部長が苛立ってコピー室までやって来た。

「すみません。でも何故か機械の調子がおかしいんです」
 私はあやまりながら、前衛アートの様な芸術性の高い書類を見せた。

「またか。もういい俺がやる」
 部長がため息をつきながらボタンを押すとコピー機は、それまでのラップ音楽のような異音に変わって滑らかな作動音をたて、正常にプリントを終えた。

「いったいどこを操作したらこんなサイケデリックな書類になるんだ? 機械オンチめ」
 部長は年代を感じさせる悪態を吐きながら、自分でコピーした書類を持って立ち去った。

 だが、私も部長と同じボタンを押しただけだ。なのに私がコピーを取ろうとすると、この機械は先程のようなパフォーマンスを見せる。どこがおかしいのだろうと思ってコピー機のセンタートレイを覗き込むと、途端にバフっと言う音と共にトナーを吹き出した。

「響子、あんた呪われてるわね。最近、彼氏をハデに振ったりしなかった? この前だって、サンプル商品に躓いて、社長の頭にお茶をぶち撒けたでしょ。あんな光景、めったに見られないわよ」
 化粧室の鏡の前で、顔についたトナーを洗い流していると、先輩の吉川さんが横に立ち、軽くメイクを直しながら、そう言って笑った。

 誰かに呪われてるんじゃないか? という言葉は毎回言われるが、私の場合、彼氏をハデに降ったことなんてない。それどころか私は生まれて26年間、恋人など出来たこともない。

 高校にいた時思い切ってバレンタインデーに大きなチョコを渡したこともあるのだが、渡した相手は義理チョコをくれた女子の方ばかりを見つめていた。

 だが仮に、気になった男子と良い関係になったとしても、すぐに振られていただろう。

 校庭でクラスメイト達と楽しくおしゃべりをしている最中に、たまたま飛んできた鳩が私の頭の上にポタリと糞を落として話題になったり、文化祭のドミノイベントでは完成間近に足を滑らせて倒し、みんなに居残りをさせるという古典的失態も演じた。

 家庭科の授業では火加減を間違えて鍋から引火。前髪を焦がしただけでなく、のけぞった拍子に後ろのテーブルで説明していた先生を倒し、料理の中に顔を突っ込ませたりもした。

 要するに私は昔から異常なくらいドジで運も悪いのだ。現在でもその状態は続いていて、数日前も映画を観た帰り、シネコンビルのエレベーターに閉じ込められた。

 混むのが嫌なのでエンドロール途中で席を立ち一人で乗り込んだ処、停止しないはずの階で止まり、ドアも開かなかった。

 そのままどのボタンを押しても動かなくなったので非常用のインターフォンを押すと、
「すみません、補修員があいにく別の現場に行っていますので、しばらくお待ち下さい」
と言われ、ようやく出してもらったのは三時間後。

 終電にギリで間に合いそうだったが、電車に乗る前にトイレを済ませたことで、結局間に合わず、金欠病なのにタクシーで帰宅。

 しかもその日に限って幹線道路は工事の為に大渋滞。睡眠不足と疲れが重なり翌日は遅刻。部長からは「もっと自分にあった会社を探した方がいいんじゃないか」などとイヤミを言われたのだ。

 そんな私を見て吉川さんのような人は『あなたは呪われている』とか『悪い霊が憑いている』とか言ってくる。冗談で言う人もいれば真剣に『お払いを受けなさい』と勧めてくれる人もいる。確かにサイフを落とす、バスを間違えるといった個人的ミスは仕方ないのだが、エレベーターの閉じ込め事故といった災難や、お茶を社長の頭にぶちまけるといった珍事が続くと、あまり不運を気にしない私でもちょっとヘコむ。

 エレベーター事故の翌日、私は思いきって近所に住む祖母に悩みを打ち明けた。

「お婆ちゃん、私って呪われてるのかな? いつも周りからそう言われるんだけど……」
 祖母は私の顔をじっと見た後で、「だいじょうぶ。響ちゃんは呪われてなんていないよ。それどころか、とても強い神様に守られているんだからね」と励ましてくれたのだ。

 祖母のその言葉は、私を安心させてくれた。本当は私も呪われてなど無く、むしろ守られているのではないかと感じていたのだ。というのも、どんな災難も大事には至らず、比較的短期間でウソのように収束するからだ。

 それでも災難は毎日飽きずにやって来る。

 今度は買ったばかりの定期券を落としてしまったのだ。どこかに落ちていないかと、探しながら道を戻っていると、商店街の空き店舗前にいた易者が声をかけてきた。

「そこのお嬢さん、あんたは貧乏神に取り憑かれておる。早うお寺に行って祈祷を受けよ」
「やれやれ……」
私はフッとため息をついた。



    (パート2、 イキガミ編)

「これがお前の守護する永瀬響子に降りかかる今年一年のリスクだ。生き神よ、本当にこれを回避するつもりか?」
 廃病院の地下。元霊安室の壁の中から滲み出るように現れた死神が、かすれた声で疑問を投げかけながら、俺に一冊のファイルを差し出した。

 そこには日本人の三大疾病だけでなく、発症例の数少ない病もいくつか挙げられており、さらに交通事故や落石による怪我まで記されていた。

「彼女はまだ26歳なのに循環器系のリスクまであるのか?」
 俺は死神に愚痴を言った。

「決めたのは俺じゃない。すべての人間に無作為に降りかかる疾病を彼女は回避できない。そこは分かっているだろう?」
 黒衣のフードを深く被り顔も見えない死神は、そう言い残して壁の中に消えていった。

「これは高く付きそうだ……」
 俺はため息を付きながらファイルを、束帯(そくたい)の袖に押し込んだ。

 命に関わる病魔や横変死を防ぐには、それなりの対価を支払わねばならない。
 俺が守護を請け負った永瀬響子を死に至らせないためには、これらに変わる不幸と等価交換をせねばならないのだ。

 俺は死神から渡されたファイルを手に、貧乏神が住む下町の祠(ほこら)を訪ねた。

 祠は路地裏の古びた鳥居の背後に、忘れ去られたように置かれていた。江戸の昔からずっとその場所にあって、いわくつきの富を手にした者が、それが原因で大きな厄災を被るのを防ぐために祀られているものだった。

「貧乏神、貧乏神はいるか」
「その声は守護役の生き神か。例の娘の病を昇華しに来たのだな」
貧乏神が首だけを祠から出してそう言った。

「この者から風邪以外の疾病懸念を引き取ってもらいたい」
 俺は貧乏神の面前に死神から受け取ったファイルを広げた。

「等価で、三千七百八十四不幸……」

 財布を落とす。仕事が認めてもらえない。

 好意を持った男性に無視される。お茶をこぼす。

 弁当を忘れる。通り過ぎる車に水たまりの泥をかけられる。

 宝くじ三角くじはみなハズレ。ガラガラ抽選は全部ティッシュ。

 電車やバスは直前で発車。夜中に間違い電話をかけられる。

 鳩に糞を落とされる。役場に行けば長蛇の列。買い物で並べば前の人でSOLD OUT。

 貧乏神は命に関わる疾病を、彼女であれば我慢できる不幸と取り替えてくれた。

 ただ、その数が多い……。

 今日も朝から通勤用の自転車がパンクし、電車に乗り遅れて遅刻。

 さらに同僚のミスで巻き添え叱責。

 先輩社員・吉川の寿退社送別会が長引いて終電を乗り遅れ、タクシーで帰宅。

 玄関前でゲロという予定だ。

 どうして永瀬響子という女が、不幸と等価交換しなくてはならないほど疾病のリスクが高いのかといえば、彼女の青年期における『健康係数』が異常に低いからだ。

人間は、胎児期、幼年期、青年期、壮年期、老年期と、それぞれランダムに『健康係数』を与えられて生まれて来る。ところが稀に(余命があるにも関わらず)一時期の『健康係数』がゼロに近い者が現れるのだ。

 我ら生き神は、そうした者達を、出来る限り生き存(ながら)えさせる仕事をしている。その目的で、次々と不幸を与え続ける事になるので、守っている人間から逆に恨まれるというのが辛いところだ。

 しかし響子は、『不幸の洪水』に見舞われながらも恨みがましいことを一切言わない。

 一昨日もこういうことがあった。買ったばかりの定期券を落としてトボトボと歩いている響子を、少しだけ霊能力のある易者が呼び止めたのだ。

 易者は響子の背後にいる俺を指差して「そこのお嬢さん、あんたは貧乏神に取り憑かれておる。早うお寺に行って祈祷を受けなさい」と告げた。

 俺は貧乏神ではなく生き神なわけだが、「まあ似たようなものか……」と、苦笑していると、

 驚いたことに彼女は易者に向かって、「大丈夫です。私には貧乏神さんなんて取り付いてはいません。守ってくださる方がいるだけ。そう感じるんです」と、笑顔で答えたのだ。響子に霊能力はなく俺が見えるはずもない。だが彼女はなんとなく守護者(俺)の波動を感じていたのだろう。

 健気なる者よ、我慢せよ。30歳を過ぎれば、お前の『健康係数』は高くなる。しかも、これまで不幸に見舞われた反動で耐久力も付き、幸運が怒涛の如く舞い込んで来るだろう。

 俺は出勤前の自転車のパンクに焦っている響子の髪をなでながら「がんばるんだぞ」と呟いた。  
 

                (おしまい)
 
  ツイッターのフォロアー募集してます!
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
リンクフリー。大歓迎です!

どのような感想でも頂けると幸いです


スポンサーサイト
2016年06月14日 (火) | 編集 |
DSCF0301.jpg
       写真は記事とは関係のないウチのシマポン親子です。

   【 めざせ人間国宝 】
 
 椰子ノ川市に古来より伝わる南蛮踊り・笠出破道(かさではどう)は戦国時代、この地に漂泊したポルトガル船員が地元民に歓待され、酒に酔って踊ったことが由来とされている。

 笠出破道とは奇妙な呼び名だが、これはポルトガル語のcasadefado(カーサデファド)、『ファド(ポルトガル民謡)の流れるレストラン』から来ているという説が有力だ。

 以来、笠出破道は子授けで有名な雲子白神社の夏祭りで踊られてきたが、明治時代に一度途絶えた。

 それを世界の舞踊研究家・真鍋勉蔵氏が再発見し、現代のヒップホップダンス技法も交え、カサデハ流に昇華。自ら家元を名乗るようになったのだ。


「良いですか? ではComeço コメ-ソ(初め)の合図で男女役が互い向き合って。ここでフォルテパッソ、それからエントルノッチ! 笹丘さん、娘役はもっとグラッシアザッメッチ(優雅)に!」
 稽古をつけてくれている師範から厳しい指摘がされた。

「Eu entendo エウェテンド(分かりました)」
 私はポルトガル語で答えて、優雅に(?)跳びはねる。

 いくら元々がポルトガル由来だとしても、何百年も日本で伝承され、しかもいちおう着物を着て踊る日舞と名乗っているのに、何故ポルトガル語でやり取りをする必要があるのか分からないが、これもこの踊りの型なのだろう。

 ひとしきり汗をかいたあと、先の昇級試験の結果が言い渡された。
 舞踏会館にぎっしり詰めかけた弟子たちが固唾を呑んで見守る中、貼り出された紙には私の名がなかった。3ヶ月も後から入門した山田さんは昇級したというのに。

 何故なのかは言うまでもない。私は貢献度が足りないのだ。


 近年カサデハ流はすごい人気だ。家元の方針で、神戸まつりのようなパレード形式のものは元より、徳島の阿波踊りや浅草のサンバカーニバル等にも踊りをアレンジして参加。全国各地で懸命にアピールしている。

 だが、本当に会員が増えているのは別のわけがあるのだ。

「今回、貢献賞を受賞された方はポイントを授与しますので事務局にお越しください」
 そのアナウンスで貢献者は我先にと事務局に向かう。
 その中には練習の場で殆ど見かけない人も混ざっていた。

 実はカサデハ流は入門者を紹介すると、1万ポイントが紹介者に与えられる。このポイントを貢献賞といって、舞踏会館内のレストランや購買部で着物等と交換できるというものだが大手スーパーやデパートとも提携していて、実質1万円分の金券に当たるのだ。入会金が2万円だから還元率はその半分ということになる。

「なんだか納得がいかないわねえ」
 稽古仲間の吉村さんがぼやいた。私も彼女もカルチャーセンターで講座を受け、本格的に踊りを学ぼうと入門した者だ。上の人達の方針には逆らえないが、踊りが目的でない人も混じっているのが気にいらない。

「名取の資格もいちおうは長年稽古に励み師範の推薦があった人となっているけど、実際名取の試験を受けるには、お名前料、会館使用料、家元、支部長、師匠へのお礼、お車代と1千万円位かかるらしいから、お金のある人なら踊りがうまくなくても許可してるらしいわ」
 と、続けた。

「でも、そういう人が経済的に支えてくれるから運営できるんじゃないの」
 私は練習用の着物をたたみながらそう言った。ところが・・・、

「それがね。この流派では名取になると指導者報酬が毎月数十万円も出るらしいのよ。普通は師範の資格をとって、踊りを教えて、お弟子さんから稽古料を頂くものでしょ。名取で多額の報酬っていうのも変だわよ」
 吉村さんはなおも食い下がった。

「いずれにしても下の者が批判できないのが、この世界よ。もし何か言いたければ、もっと練習をしてテレビの素人名人会にでも出て、良い成績を上げれば、おのずと家元特例推薦でお金もいらずに師範になれるって」
「そうね。やるからには大きく、めざせ人間国宝といきましょう」
 
 と、この時は二人で意気投合したのだが・・・、

 数日後、舞踏会館は閉鎖。カサデハ流は消滅してしまった。

 家元が逮捕されたそうで、なんでも罪名は「無限連鎖講(ネズミ請)の防止に関する法の違反」だったそうだ。

               ( おしまい )


  ツイッターのフォロアー募集してます!
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
リンクフリー。大歓迎です!

どのような感想でも頂けると幸いです

 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村


2013年01月09日 (水) | 編集 |
DSCF4483.jpg
   写真は記事とは関係のないウチのクロちゃんです。


     【 間違い探し 】
   
「大阪の名物がナニワ饅頭からタコヤキに変わっています」
「それから?」
「シンボルタワーが到天楼から通天閣になりました」
「それから?」
「南河内急行が近鉄電車に紀州特急が南海電鉄に、それぞれ変わっています。ついでに阪急電車のシンボルカラーもそれまでの深緑から小豆色になりました」
「それから?」
「大阪で一番賑やかなお祭りが布袋さんから戎っさんに」
「それから?」
「ええ~っと、それから、それから・・・」

 記憶をたどって四苦八苦する俺を審査官が冷ややかな目で見た。

「どうしたどうした、そんなことではとてもこの地区の土地神を任せられないぞ」
 面白そうにやじを飛ばしたのは関西土地神連合の仲間たちだ。

「し、四天王寺の有名な蛙池が亀池に」
「それから」
「あ、忘れてた! 大阪人が大好きな球団がレオポンズからタイガースに・・・」

「今頃、思い出したか。一番大事な事だろうに・・・」
 仲間達があきれたように呟いた。

 簡単な間違い探しでも、矢継ぎ早に答えを要求されるとなかなか出て来ない。
 まして人間がやるように前の絵と比べられるわけではないし、300以上は答えなければならないとなると、窮するのも当然だ。

「ええ~っと、MGM・スタジオ・ジャパンがユニバーサル・スタジオ・ジャパンになっています!」
「それから?」
「大阪市長が若本さんから橋下さんに、政党名も求真から維新に変わっています」
「それから?」
「南の繁華街がお笑いの『吹き倒れ』から食の『食い倒れ』に」
「それから?」

「織田作之助の『夫婦漫才』が『夫婦善哉』に、カツオシ Dの『牡蠣ども!』が『餓鬼ども!』に・・・」
「小さい! もっと大きな変化を答えなさい」


 2012年、12月22日。マヤ歴に書かれた通り、それまでの世界は終わった。
 この日、23日より、まったく新しい世界が始まったのだ。

 しかし、そのことに人は気付かない。
 それもそうだろう。
 記憶も、記載された文献も、建造物や映像データーでさえ、まったく別のものにすり替わっており、誰一人異変に気付くわけがないのだ。

 すなわち、それまでの歴史も名称も、記憶し書き留めることができるのは我々土地神だけ。
 だからこその書記官・選抜試験なのだった。

「やれやれ歴が変わると、我々土地神も苦労するね」
 同僚の一人が試験を終えた俺をねぎらってくれた。
「まったく人間ときたら、ポコタリア国がアメリカという名称に変わった事も気付かないし、日本の最高峰が生駒山から富士山に変わったことにも気付かない。呑気なものさ」
 そういう彼でさえ、昨日までは人間と同じようにネアンデルタール人の姿をしていたことを忘れているようだった。

 いったい何故5600年に一度、世界が刷新されるのか分からない。
 これも宇宙の摂理なのだろうか・・・。

「あまり悩まない方がいいよ」
 試験官が俺の肩をポンと叩いた。


   ( おしまい )

funphotobox182012s1yybpwr.jpg
   この画像はFunPhotoBoxで作成しました。
      
 7月5日に幻冬舎ルネッサンスより
「餓鬼ども!」を発売しました。
(各書店やamazonで販売中)

 イラストはいつもお世話になっておりますブロ友、
MECHAさんの手によるものです。


  ツイッターのフォロアー募集してます!
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 リンクフリー。大歓迎です!

どのような感想でも頂けると幸いです

 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



2010年02月14日 (日) | 編集 |
 
 デコじろう、第2弾です。

 FC2小説で、ショートショートを中心に書いています。
 表紙の下にある【タイトル】をクリックして頂くと小説に飛びます。

屍大名

 短編小説・【屍大名】は、こちらから……

decojiro-20100123-152716.jpg

シナリオ【モノクロームの記憶】はこちらから

decojiro-20100123-133848.jpg

掌編小説・【あなたのレビュー引き受けます株式会社】

 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村