自作のショートショート小説やライトノベルを載せていきます。
2012年07月10日 (火) | 編集 |
  ダンキチママさんの詩とイラストを使って
「ニャンニャン・ソング」を作りました。
 歌ってくれているのは初音ミクです。


5696d8da.jpg
   
ユーチューブから聞けます↓↓↓

 
  

      
o0200030012041630125.jpg

 7月5日に幻冬舎ルネッサンスより
私の小説「餓鬼ども!」が発売になります。
(書店やAmazonに並ぶのは7月10日前後)

 表紙イラストはいつもお世話になっておりますブロ友、
 MECHAさんの手によるものです。
  ツイッターのフォロアー募集してます!
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
リンクフリー。大歓迎です!

どのような感想でも頂けると幸いです
 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2012年04月29日 (日) | 編集 |
   
 少し前の話になりますが、4月17日に京都に行ってきました。

DSCF3678.jpg

 桜がまだ咲いていました。

DSCF3686.jpg

 お昼は写真のように清水寺周辺を回ってきましたが

 今回の本当の目的は別にありました。
 舞子さんに会って写真を撮ることです!
 とはいえ、おいそれと彼女達のいるお茶屋さんにも入れません。
 そこで考えたのがこちら・・・。

20120426_2.jpg
 京都定期観光バス(こちらの写真はバスガイドさんのブログよりお借りしました)

コースの中に、「京懐石を食べた後、舞子さんが観れる」というのがありました。
N_20120206155220.jpg
 (京料理と祇園&夜景展望コース・写真はパンフレットから)

 行ってみると、食事を丸山公園の「いそべ」さんでとった後、
 祇園にある会館のような場所で、舞子さんの舞だけでなく、琴の演奏やお茶の実演、狂言や雅楽演奏まで・・・。
 完全に外人さん向けの日本文化丼のようなものでしたが、それだけに写真は自由。
 目的は達成しました。
 DSCF3707.jpg
  ピンボケですけどね。(TT) 
 プロの撮ったパンフレットの写真とはえらい違いです。

 それでも自分が撮った写真が欲しかったわけは・・・。
 タイトルにもあるように「祇園舞子」という初音ミクの新曲を作った為。
 ユーチューブで流すので、どうしても自分で撮った舞子さんの写真が必要だったのです。

 で、出来上がったのがこちら・・・。
 よろしければ聞いて下さいね。(^▽^)/



      
 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村


2012年04月11日 (水) | 編集 |
 初音ミクとがくっぽいど用の曲を作ってみました。

 少しお時間があります方、ぜひ聞いていってくださいませ。 
最初の曲は
 なお、ユーチューブが重い時は
 バーが動くまで放置しといてやってください。


 最初の曲は「絵てがみ」です。
 この曲の詩は高野 優さんに書いて頂きました。


 

 もうひとつの曲はがくっぽいどの曲で「アントンモレノ兄弟」 
 こちらの詩はは藤吉 正孝さんに書いて頂きました。



2012年03月02日 (金) | 編集 |
    
 初音ミクに「大きな古時計」の替え歌「おじいさんは古ダヌキ」をうたってもらいました。
 (ユーチューブから聞いて下さいね。(^▽^)/ )
 
 【 おじいさんは古ダヌキ 】
大きなおなかの古ダヌキ おじいさんのことさ
 100円握り眠っていた 酒屋の販売機
 おじいさんが小さい時は かわいくて優秀で
 それが今じゃこのとおり ただのヘベレケさ



ツイッターのフォロアー募集してます!
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
リンクフリー。大歓迎です!

どのような感想でも頂けると幸いです

 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村


2011年09月02日 (金) | 編集 |
 初ミクにようやく伴奏をつけられるようになりました。
 曲は「捨てられた子猫」。私が作詩・作曲したものです。

下のユーチューブの映像で最初のものが初音ミク単独のもの、



 次の映像は伴奏を付けたものです。
(テンポは110から80に変更しています)



  どうでしょうか。
 こうして比べるとやはり伴奏があった方がいいですよね。

 もう一曲、演歌も作ってみました。(^▽^)/

  こちらは「丼池(どぶいけ)ブルース」。
 作曲は私ですが、詩は岡本保夫さんに書いてもらいました。



 (簡単な伴奏の方法につきましては続きをご覧ください)

ツイッターのフォロアー募集してます!
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
リンクフリー。大歓迎です!
どのような感想でも頂けると幸いです

 ↓ 押してほしいです。
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



[READ MORE...]